logo 関東学院大学機関リポジトリ  
welcome ログインしていません
iLiswave
home language
markメニュー
mark総合案内
 
markコンテンツ一覧
【学位論文】
  
【文学部】
  
【経済学部】
  
【法学部】
  
【工学部、理工学部、建築・環境学部】
  
【人間環境学部】
  
【看護学部】
  
【関東学院短期大学】
  
【学院関係】
電子紀要一覧

mark利用者サービス
     ブックマーク
     検索履歴
mark書誌詳細 print back bookmark history help
mark 論文情報  <NI30000420> Detail Navigation Guide

sltfunc
 中世キリスト教と仏教における地獄の恐怖 : --死後の魂の救いの可能性をさぐる--
  多ヶ谷, 有子.  <NI30000420>
この書誌へのURL: COPY URL
mark
mark 詳細  
書誌
タイトル
中世キリスト教と仏教における地獄の恐怖 : --死後の魂の救いの可能性をさぐる--
タイトル(その他)
チュウセイ キリストキョウ ト ブッキョウ ニオケル ジゴク ノ キョウフ : シゴ ノ タマシイ ノ スクイ ノ カノウセイ オ サグル
タイトル(その他)
Fear of Hell in the Medieval Christian World and the Buddhist World : Aspiring to the Salvation of Souls after Death
作成者
多ヶ谷, 有子
公開者
関東学院大学文学部人文学会
掲載巻号
学情電子ID
AN00048092
ISSN
雑誌名
関東学院大学文学部紀要
巻次等
128
開始終了ページ
21-41
刊行年月日
2013-07
主題
天国、極楽浄土、煉獄、地獄、六道輪廻、中世キリスト教、平安・鎌倉期の仏教
内容記述
中世後期のヨーロッパに見られる宗教抒情詩には、天国への希求とともに地獄への恐怖が鮮やかに描かれている。地獄の恐怖はまた、天国の対比として、絵画や造形美術に表された。これらの絵画や造形美術は、文字を理解しない多くの庶民に、死後の審判、そして天国と地獄を強烈に印象付けた。一方、日本では、仏教の普及とともに、地獄の思想が受け入れられていった。仏教の地獄は六道の一つであり、輪廻転生の世界である。仏教では元来、輪廻転生を断ち切ることを理想としている。平安時代以降、浄土思想とともに、地獄・極楽の思想が人々の間に広まった。化野、紫野、鳥辺野、蓮台野など風葬地は、現世無常を教えるとともに、極楽を望み、地獄の恐怖をかきたて、仏教布教に影響を与えた。キリスト教世界の地獄と日本における仏教の地獄を対照させると、興味深い相違が見えてくる。キリスト教の地獄は永遠の罰であるが、日本の地獄は六道の一つであり、気の遠くなるような長い時間を経るとしても、永遠ではない。日本の地獄絵には、地獄の中に仏がいる。こどもを救う地蔵、女性を救う観音。仏教の地獄は期限があり、かつ、地獄からも救われる。その意味で、日本の地獄にはキリスト教の煉獄に当たる要因がある。キリスト教の地獄と煉獄、日本の仏教の地獄を比較検討したときに、そこには救済を希求する普遍的な人間性の一側面を見ることができる。本稿では、文学、絵画などを通して、キリスト教と日本仏教の天国(極楽)の対比にある地獄(煉獄)観についての一考察を行いたい。
作成日
2014-02-04
資料種別(NIIタイプ)
紀要論文
フォーマット
PDFファイル
日本十進分類法
191.6
日本十進分類法
165
Is Part Of
外部リンク
CiNiiは国立情報学研究所が行っている学術論文の検索サービスです。 EBSCO LinkSourceは学内のみ利用可能なDetaBaseです。
Navigation Guide


mark
ブックマーク(BM)機能
追加ボタンを押すとブックマークを追加します
add bookmark  
Navigation Guide
mark
マイフォルダ機能
書誌情報をマイフォルダへ登録できます。
登録ボタンを押すと現在表示している書誌をマイフォルダへ登録します。
add  
Navigation Guide
mark
ファイルに保存
現在、表示している情報をファイルに保存します。
ファイルのエンコードを選択し、保存ボタンを押してください。
エンコード :

download  
Navigation Guide
mark
メール送信
現在、表示している情報をメールに添付して送信します。
添付される情報のエンコードを選択し、送信ボタンを押してください。
※利用者情報のメールアドレスが登録されている必要があります。
エンコード :

sendmail  
Navigation Guide
_

Copyright(C) Kanto Gakuin University All Rights Reserved.